大家さまインタビュー

賃貸経営で一番重要なキャッシュフローを予測

川村龍平オーナー (専業)

金融トレーダーを行っていた際に自身の将来のために不動産投資を開始

AI SCOPEについて

シミュレーションとして出た結果に対して考えられるのは、維持管理コストの削減に尽きると思います。実際に管理会社に頼むコストと家主ダイレクトを利用した自主管理のパターンのコストのシミュレーションを行って比較することをオススメします。大切なことは物件ごとに考えていくということです。こうした視点でもAI SCOPEは各物件ごとにシミュレーションができ、収支が確認できます。

特に私が興味を持ったのはリフォーム診断です。

リフォームは物件維持のためのコストと考え、どうしてもやらなければいけないリフォームはやると考えておく必要があります。特に水回りは変わるということを理解しておきましょう。ただし、通常は最小限のリフォームに留める必要があります。特に、管理会社に丸投げで頼むのは愚の骨頂です。自分で良い会社を調べもせずに頼んでしまうと、費用は上乗せされて請求されるばかりでなく、後で自分に何の情報も残らなくなってしまいます。少しでも安くするために、自身で良い会社を見つけておく必要があります。

このAI SCOPEを活用して、収益シミュレーションと共に、賃貸経営で一番大事なキャッシュフローを分析して、収益を上げるためにコスト削減をサポートする家主ダイレクトを活用すれば自主管理をしながら安心した賃貸経営ができると思います。