業界初!リノベーション査定のシミュレーション

将来の収益をシミュレーション

AI SCOPE

[ エーアイスコープ]

賃料や空室率などがどう変わっていくか、
不動産の経営指標をAIが予測します。

サービスの特徴

リノベーション効果を予測する
不動産投資シミュレーション

不動産の賃料は経年によって下落する傾向にありますが、その下落率はエリアや築年月、間取り情報などの様々な条件によって異なります。賃料下落を待つだけでなく、リノベーションを行ったことによる将来の賃料上昇予測、空室率を考慮した運営損益などのシミュレーションを利用いただけます。

AI SCOPEの機能

不動産ビッグデータを基にAIが
分析・予測した賃貸経営シミュレーション

  1. カンタン相場分析

    会員登録なしで、今すぐお試しいただける相場分析です。
    都道府県、沿線、駅名の3つを選択するだけで、ご指定の駅周辺エリアに関する、賃料・賃料単価・専有面積・築年数の4種類の相場が分析可能です。

  2. 物件登録で、
    より詳細な分析が可能に

    ご希望の物件を登録し、分析結果を保存できるようになります。
    「カンタン相場分析」でお試しいただける相場情報に加えて、物件ごとの比較や、エリア概要、収支シミュレーションといった、より詳細な分析がご利用いただけます。

  3. 所有物件を多角的に分析し、
    グラフでわかりやすく表示

    登録された物件の費用対効果の推定結果や将来の収益予測をグラフ表示。賃料損益や売却損益の推移、借入条件に対する経営安全性の分析など、賃貸経営に重要な情報を可視化。グラフでわかりやすく分析結果がご覧いただけます。

  4. 各年度の空室想定賃料や
    税引き後キャッシュフローを把握

    AI SCOPEのシミュレーション結果の一つであるキャッシュフロー表は、アパートやマンションの賃貸経営に必要な事業計画資料にもご利用いただけます。賃料の下落や空室率を考慮した賃料収益や、表面利回り、実質利回りに加え、投資全期間のパフォーマンスを分析するための「全期間利回り(IRR)」などに加え、賃貸経営の中で最も重要な税引き後のキャッシュフローなどを一覧で確認でき、自身の物件の収益予測が可能となります。

サービス開発背景

ヒトの経験や勘などの主観的な情報をもとに査定するのが主流の不動産業界。
AI SCOPEは、主観的な情報に頼らず、不動産データや人口統計をもとに客観的に判断できる情報と、賃貸経営を行う中で必要な情報や役立つ情報を提供するため、オーナー様と共同で開発されました。

AI SCOPE (エーアイスコープ) とは

これまでの「査定」ではなく、
これからの「経営判断」をサポート

AI SCOPEは、株式会社COMPASS(株式会社Casa [東証一部 7196] 子会社)が開発・提供する、AI (人工知能) を活用した高精度な賃貸経営シミュレーションができる無料のサービスです。

膨大な不動産の物件データに含まれるエリアや賃料、間取りなどの情報を基にAIが分析し、現在だけではなく将来的な賃料の下落率や空室率などの変動推移を予測し、賃貸経営においてより望ましい事業計画をシミュレーションできます。